歴史を重ねた飲み物は「深い」

Historical drinks are “deep”

歴史あるものは「魅力」があります。

書籍や音楽そして、コーヒー…

歴史あるものを魅力と捉える理由をご紹介します。

歴史という視点からコーヒーを読み解いていきます。

歴史あるモノは

魅力を感じる

Historical things
Feel attractive

歴史あるものは「魅力」があります。

書籍や音楽そして、コーヒー…

歴史あるものを魅力と捉えて、時間を費やすことは力になります。

ここで、本の一節をご紹介します。村上春樹さんの「ノルウェイの森」という本です。

時の洗礼を受けていないものを読んで貴重な時間を無駄にしたくないんだ。

ノルウェイの森 上から引用

この文面に感銘を受けた私は、歴史あるものを無駄ではないものと捉えて学習していくことになります。

「時の洗礼」を受けていないものが無価値ということではありませんが、コーヒーは歴史ある「時の洗礼」を受けたものであって、追及することに価値を感じます。

歴史という「時」の視点からコーヒーを読み解く記事にしていければ嬉しいです。

普段カフェで飲む一杯のコーヒーが全く違う味わいとして捉えられる瞬間があるかもしれません。

歴史を後世に伝えていくのは「文字」です。

コーヒーの書籍は多岐に渡りますが、歴史上最初のコーヒーの文献は医師であったラーゼスによるものでした。

ラーゼスが文章にコーヒーを紹介したことで、後世の私たちのコーヒー文化を作り上げていきます。

「文字」は語り継ぐ力を持っています。

ちなみに医師ラーゼスは翻訳家としての一面も持っており、コーヒーについての文献やウイスキーの文献を世界中のヒトが読みやすいようにラテン語に直した人物です。

文字によるコーヒーの記録は、900年頃アラビア人の医師ラーゼスによるものが最初と言われています。

歴史を「伝える」のは文字である

It is the letters that “tell” history

眠気覚ましとして当初から使われたコーヒー

Coffee used from the beginning as a drowsiness reminder

医師ラーゼスがコーヒーについての文献を記せたということは、900年以降にはコーヒーを発見し、使用していたことになります。

当初はイスラム教の眠気覚ましとしてや、薬としてコーヒーが使用されていました。

翻訳され、やっと世界中の人々がコーヒーを知ることになった現在です。

コーヒーが知られる以前のコーヒーについてのお話を当サイトでご紹介したいです。

最初はイスラム教の僧侶の眠気ざましの妙薬として広まったようです。また、今からおよそ1千年ほど前、アラビアの都バグダットの王立病院長だったラーゼスという人は、「古来、エチオピアに原生していた灌木、バンの種実(豆)を砕いて煎出した汁液バンカムは、一種の薬として胃に良い」と書き残しています。バンはコーヒーの豆のことですが、当時は薬として、とても珍重されていたんですね。

参考になった記事「keycoffee

Helpful articles

もともと野生の木だったコーヒーに、どうして人々は気づき、生活に浸透させていったのでしょうか。コーヒーにまつわる逸話は多々ありますが、なかでも有名な二つの地のエピソードをご紹介します。

参考になった記事

「ucc」

Helpful articles

文字によるコーヒーの記録は、900年頃アラビア人の医師ラーゼスによるものが最初と言われています。

参考になった記事

「tailoredcafe」

Helpful articles

コーヒー豆の土壌は火山質の土壌が良いと言われています。有機物を多く含む火山灰の土壌は、コーヒー豆を成長させる上で重要になる先ほどあげた窒素、リン酸、カリウムが豊富に含まれており、かつ水はけが良いからです。 火山灰質の土壌はやわらかく、コーヒー豆の木の根っこが伸びやすく、栄養素を効率的に取れることもコーヒー豆の木がよく育つ理由なのではないかとも一部では言われています。そのためにコーヒー豆の木の農園は標高の高い火山帯に多いです。

コーヒー栽培に欠かせない土壌の成分を詳しく記載しているサイトです。

こちらのサイトを基準に「火山と珈琲」の記事を書いてもいいかもしれません。

cup-339864_1920

参考になった記事

「タビノネ」

Helpful articles

ワインと同じでコーヒー作りでも肥沃な土は芳醇な味わいを生み出します。

火山が噴火後、火山灰などの堆積物は、水はけの良い肥えた土壌となります。

ワインと珈琲の関連する点はあります。味言葉などが例です。

「ワインのような渋み」と例えられるコーヒーも存在します。

コーヒーの成分にはワインと同じ成分が存在するからです。

加えて、土壌についてもワインと珈琲に似ている点があることを気づかせてくれたサイトです。

参考になった書籍「コーヒーの科学

Reference book

参考になった書籍

珈琲事典

Reference book

参考になった書籍

なるほどコーヒー学

Reference book

参考になった書籍

珈琲の世界史

Reference book

本日のまとめ

Today’s summary

歴史という確認できないジャンルのテーマをコーヒーを主役にしてご紹介していきます。

当記事でコーヒーの歴史を少しご紹介しただけで、コーヒーの話題から「宗教」「医学」「ウイスキー」「薬学」のトークテーマになってしまいました。

極力、コーヒーを土台にした記事構成にしたいですが、この「難しさ」こそがコーヒーの「深さ」を表現していると考えます。

「火山と珈琲」

コーヒーの味わいに影響を与える要因は多々あります。 その中で「火山によって形成された土壌」が与えるコーヒーの美味しさをご紹介します。

「精製と珈琲」

コーヒーの美味しさに与える影響は多々あります。 その中でコーヒー豆の「精製方法」によって与えられるコーヒーの美味しさをご紹介します。

「歴史と珈琲」

昔から愛されてきたコーヒーには深い「歴史」があります。コーヒーの歴史をご紹介します。

「貿易と珈琲」

コーヒーの美味しさに影響を与える要因は多々あります。 その中でコーヒーの「貿易」に着目したコーヒーの美味しさの紹介をします。

BeansBase(ビーンズ・ベース)

「酸っぱいコーヒーが苦手な店主の苦いコーヒー」をご提供します。

コーヒーをご提供する以外にも様々な活動をしています。

営業日

営業時間

日曜日…店休日

月曜日…店休日

火曜日…12:00~17:00

水曜日…12:00~17:00

木曜日…店休日

金曜日…12:00~22:00

土曜日…12:00~22:00

この記事を書いた人 : 大好きなミュージック・アーティスト「ラッドウィンプス」のMVでコーヒーミルを知る。 以降、コーヒーを調べていくうちにカフェをオープンしていました。