こんにちは!Beans Baseの赤沢です。最近、僕のカフェに「カフェをオープンしたいんです!」とお問い合わせいただくことがある。5年前は僕も同じことを思って様々な喫茶店のマスターに同じことを喋って周っていたっけ…。「カフェをオープンしたい!」という気持ちは素晴らしいですが、素晴らしくない点もあって。それは、行動力に欠けるということです。とりあえず行動に移したら、今よりもカフェを起業するための一歩に踏み出しているのです。行動の一種に他人(ほかの喫茶店の人)へ自分の思いを伝えるのは素晴らしいですが、それだけでは足りない。初手の行動はカフェの主役コーヒーを知るということです。コーヒーを知るにはどうしたらいいのか。こう、考えると道筋が見えてきますね。コーヒーを知るにはカフェで働いてみるか、独学でコーヒーを学んでいくということです。

このブログ カテゴリー:独学のコーヒー では、独学でカフェをオープンするためのコーヒーの知識を網羅的に公開します。

実は、Beans Baseの店主 赤沢 はコーヒーについての理解や知識のほとんどを独学で補っています。正直、怒られながら、揶揄されながら他店で雑務をこなしながらコーヒーを学ぶことに時間の消耗が激しいと思っていたからです。(時間の無駄と思ってた。)コーヒーのことだけを知りたいのにレジ打ちの仕事を覚えさせられたり、仕事仲間との「あいつが好き、あいつが嫌い」論争に巻き込まれるのが時間を効率よく使っているとは思えなかった。しかしながら、今となってはレジ打ちの仕事が、接客の方法を知る機会になるし、仕事仲間との無駄話がカフェ起業のためのキッカケになることもあることに気づいています。それでも、独学にこだわったのは、自分が未熟だったこともあり、またカフェ起業のための最短ルートを見つけたかったためです。どうか、このブログを見てカフェ起業のためのコーヒーの知識を基本から応用まで身に着けていただけることを期待しています。

コーヒーの知識を身に着ける最短の方法は実践してみることです。コーヒーを淹れる作業を。コーヒー機材を全て揃えて、それで適当にコーヒーを淹れてみる。そうすると、なんと不味いコーヒーが完成します。しかしながら、ここで「なぜ、こんな不味いコーヒーが出来上がってしまったのか?」と自分に問いてみましょう。そうすると自分の知らない知識、わからないコーヒーへの知識がはっきり見えてきます。この繰り返しをすれば、おいしいコーヒーに最短で行きつくはずです。また、自然とコーヒーへの理解、知識を深めることが出来ます。

コーヒーのフードペアリングの魅力

コーヒーは、単に目覚ましの一杯としてだけでなく、その豊かな風味と多様なアロマから、さまざまな食べ物との組み合わせによってさらに魅力を増します。コーヒーのフードペアリングは、コーヒーの風味特性を最大限に引き出し、食事全体の体験を豊かにする方法として広く知られています。ここでは、コーヒーのフードペアリングの基本原理、具体例、そしてその魅力について詳しく説明します。

フードペアリングの基本原理

コーヒーのフードペアリングは、主に次の三つの原理に基づいています。

1. 相補性

相補性とは、異なる風味や食感が互いに補完し合うことです。たとえば、コーヒーの苦味とチョコレートの甘味の組み合わせは、相乗効果を生み出し、双方の風味を一層引き立てます。

2. 類似性

類似性の原理では、似たような風味を持つ食材や飲み物を組み合わせます。たとえば、ナッツのような風味を持つコーヒーとナッツ類をペアリングすることで、風味の一貫性を保ちつつ、全体的な調和をもたらします。

3. コントラスト

コントラストは、異なる風味や食感を組み合わせることで、興味深い対比を生み出す方法です。たとえば、クリーミーなデザートとコーヒーの苦味の組み合わせは、味覚の幅を広げる効果があります。

コーヒーの種類とフードペアリング

コーヒーは、産地や焙煎方法によって風味が大きく異なります。そのため、特定の種類のコーヒーと特定の食べ物をペアリングすることで、最適な風味の組み合わせを楽しむことができます。

1. ライトローストコーヒー

ライトローストコーヒーは、フルーティーで酸味が強く、軽やかな風味が特徴です。このタイプのコーヒーには、次のような食べ物が合います。

  • フルーツタルト: フルーツの自然な甘さと酸味が、ライトローストコーヒーのフルーティーな風味とよく合います。
  • ヨーグルトとベリー: ヨーグルトのクリーミーさとベリーの酸味が、ライトローストコーヒーの軽やかな風味を引き立てます。

2. ミディアムローストコーヒー

ミディアムローストコーヒーは、バランスの取れた酸味と甘味が特徴で、ナッツやキャラメルのような風味があります。このタイプのコーヒーには、次のような食べ物が合います。

  • アーモンドクロワッサン: ナッツの風味がミディアムローストコーヒーの特性を引き立て、クロワッサンのバター風味が全体を調和させます。
  • キャラメルマカロン: キャラメルの甘さがコーヒーのナッツ風味とよく合い、絶妙なハーモニーを生み出します。

3. ダークローストコーヒー

ダークローストコーヒーは、ビターでスモーキーな風味が特徴で、深みのある味わいがあります。このタイプのコーヒーには、次のような食べ物が合います。

  • ダークチョコレート: ダークチョコレートのビターな風味が、ダークローストコーヒーの深みとよく合い、風味を一層豊かにします。
  • グリルドステーキ: ステーキのスモーキーな風味とダークローストコーヒーのビターさが絶妙にマッチし、食事全体を引き立てます。

コーヒーとデザートのペアリング

コーヒーとデザートのペアリングは特に人気があります。デザートの甘さとコーヒーの苦味のバランスが、絶妙な味覚体験を提供します。

1. ティラミス

ティラミスは、エスプレッソを染み込ませたスポンジケーキとマスカルポーネチーズのクリーミーさが特徴です。このデザートには、エスプレッソやダークローストコーヒーが最適です。コーヒーの苦味が、ティラミスの甘さとクリーミーさを引き立てます。

2. チーズケーキ

ニューヨークスタイルのチーズケーキは、リッチでクリーミーな風味が特徴です。このデザートには、ミディアムローストコーヒーがよく合います。コーヒーのナッツ風味とチーズケーキのリッチな味わいが、完璧なバランスを生み出します。

3. パンナコッタ

パンナコッタは、滑らかなクリームデザートで、フルーツソースやカラメルソースが添えられます。ライトローストコーヒーやフルーティーな風味のコーヒーが、パンナコッタの繊細な味を引き立てます。

コーヒーとセイボリーのペアリング

コーヒーはデザートだけでなく、セイボリー(塩味のある)料理とも素晴らしいペアリングを見せます。特に朝食やブランチでは、コーヒーが食事を一層引き立てます。

1. ベーコンとエッグ

クラシックな朝食の一つであるベーコンとエッグには、ダークローストコーヒーが最適です。ベーコンの塩味とカリカリ感が、コーヒーのビターな風味と調和し、食事全体を引き立てます。

2. アボカドトースト

アボカドトーストは、ヘルシーでクリーミーな風味が特徴です。この料理には、ミディアムローストコーヒーがよく合います。アボカドのクリーミーさとコーヒーのナッツ風味が、完璧なバランスを生み出します。

3. スモークサーモンベーグル

スモークサーモンベーグルは、塩味のあるスモークサーモンとクリームチーズの組み合わせが特徴です。この料理には、ライトローストコーヒーが最適です。コーヒーの酸味がサーモンの風味を引き立て、全体としてバランスの取れた味わいを提供します。

コーヒーとスナックのペアリング

コーヒーは、軽食やスナックとも素晴らしいペアリングを見せます。午後のリラックスタイムや軽いおやつとして、コーヒーとスナックの組み合わせを楽しむことができます。

1. ビスコッティ

ビスコッティは、イタリアの伝統的な硬いビスケットで、コーヒーに浸して食べることが多いです。特にエスプレッソやダークローストコーヒーとよく合います。コーヒーのビターな風味が、ビスコッティの甘さを引き立てます。

2. ピーナッツバタークッキー

ピーナッツバタークッキーは、リッチでナッツの風味が特徴です。このスナックには、ミディアムローストコーヒーが最適です。コーヒーのナッツ風味が、クッキーのリッチな味わいを一層引き立てます。

3. チーズクラッカー

チーズクラッカーは、塩味のある軽食で、クリスピーな食感が特徴です。このスナックには、ライトローストコーヒーがよく合います。コーヒーの酸味が、クラッカーの塩味を中和し、バランスの取れた味わいを提供します。

コーヒーのフードペアリングの魅力

コーヒーのフードペアリングの魅力は、以下の点にあります。

1. 味覚の向上

コーヒーのフードペアリングは、食材や飲み物の風味を最大限に引き出します。たとえば、コーヒーの苦味とチョコレートの甘味の組み合わせが風味の深さを増すように、異なる風味の組み合わせが味覚を豊かにします。

2. 新しい発見

コーヒーのフードペアリングは、新しい味覚の発見を促します。例えば、コーヒーとチーズのペアリングは一見奇妙に思えるかもしれませんが、試してみると驚くほど調和が取れています。こうした新しい組み合わせを見つけることは、食事の楽しみを広げます。

3. 文化的な理解

コーヒーのフードペアリングを通じて、異なる文化の食習慣や風味の特性を理解することができます。例えば、エチオピアのコーヒーセレモニーを体験することで、その地域特有の風味や飲み方を学び、文化的な理解を深めることができます。

4. 食事の質の向上

適切なフードペアリングは、食事の質を大幅に向上させます。食材や飲み物の風味を引き立てることで、食事全体のバランスが良くなり、満足感が増します。

結論

コーヒーのフードペアリングは、その多様な風味と組み合わせの可能性により、食事体験を豊かにする方法として非常に魅力的です。相補性、類似性、コントラストといった基本原理を理解し、適切な食材や飲み物を選ぶことで、コーヒーの風味を最大限に楽しむことができます。新しい味覚の発見や文化的な理解を深めるとともに、食事の質を向上させるコーヒーのフードペアリングは、日常の食事を一層楽しく、特別なものにしてくれます。

参考文献・リンク

コーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか (ブルーバックス)

タップでAmazonへリンクします!

自家焙煎店で培われた職人の技術と知恵を、科学の視点で徹底分析するコーヒーの本。味をコントロールし、自分好みのコーヒーを淹れる秘訣が見えてくる。科学論文に基づく知見を踏まえて、コーヒーのさまざまな謎を解き明かす一冊の必読本。

珈琲の世界史 (講談社現代新書)

タップでAmazonへリンクします!

カップ一杯のコーヒーの中には、芳醇なロマンに満ちた「物語」の数々が溶け込んでいます。一杯のコーヒーに潜んだその歴史を語ってくれるコーヒーの本。

田口護の珈琲大全

タップでAmazonへリンクします!

コーヒーの焙煎は名人上手の専売特許ではなく、職人的なカンの世界などでもない。理詰めの数学であり論理学の世界なのである。

コーヒー おいしさの方程式

タップでAmazonへリンクします!

自家焙煎の第一人者「カフェ・バッハ」の田口護氏と、人気サイト「百珈苑」主宰者で科学者の旦部幸博氏がタッグを組んだ最強のコーヒー理論&実践書

極める 愉しむ 珈琲事典

タップでAmazonへリンクします!

珈琲好きなら、毎日のカフェタイムがもっと楽しくなる、珈琲初心者さんなら、珈琲にチャレンジしてみたくなる、とっておきの情報が満載の1冊です。

投稿者 赤沢 征一郎

コメントを残す